Tomoko

Nagashima

 

ナガシマトモコ  Tomoko Nagashima

ヴォーカリスト/作詞家/作曲家/プロデューサー。

1979年6月2日兵庫県生まれ。 ギタリスト藤本一馬と1998年にorange pekoe結成。 

ジャズ・ブラジリアンを中心に様々な音楽を独自に昇華し、セルフプロデュースする唯一無二のスタイル、

美しい日本語による歌詞や、ソウルフルで包容力のある歌声で人気となる。

関西学院大学在学中にインディーデビューを果たすと、クラブやカフェを中心に話題となり、

BMGファンハウス(現ソニーミュージックレーベルズ・アリオラジャパン)よりメジャーデビューすると共に大きな支持を得、

ファーストアルバムはオリコン初登場5位を記録。35万枚を超える大ヒットとなる。

日本ゴールドディスク大賞新人賞など数々のアワードを受賞。また、史上初となるラジオFM36局ヘビーローテションを獲得する。

現在までに7枚のオリジナルアルバム、12枚のシングルCD、2枚のミニアルバム、NHKホールでのアルバムツアー最終日を収録したライブCD・DVDやベストアルバムなどの5枚の企画アルバム、7枚のアナログEP、5枚のアナログLPを発表。

ジャケットに新進気鋭のアーティストを起用し、そのアートワークのプロデュースにも注目が集まる。

その他にもCMタイアップソングや映画の主題歌、ファッションブランドとのコラボレーションなど、活動は多岐に渡り、さらにその活動は国内だけでなく、アジア各国でもCDリリースやフェスティバル招聘、ワンマンライブをするなど、海外でも広く活動。 

また、2010年にはJ-popアーティストとして初めて全編に18人のビッグバンドジャズオーケストラを率いた『orange pekoe with the Big Band Party Night!!!』のライブを敢行、その後年末の恒例ライブとなり、2014年に企画アルバムとしてもキングレコードよりリリースされた。

同時に、歌とギターのシンプルなデュオによる即興性の高いパフォーマンスでも定評を得、全国ツアーを行ってきた。

またソロ名義Niaとして、2012年にニューヨークレコーディングされた全編英語詞のデビューアルバム『NIA』を、2014年にキングレコード・米国インディーレーベルAtlanta Recordsよりリリース。

2016年よりニューヨークへ移住、その後ロサンゼルスへ渡る。

ライブ活動に加え、『音ヨガ〜Musicalchemy』ワークショップをヨガスタジオで開催。

画家としての活動もスタート。→画家としてのプロフィールはこちら。

2019年に帰国、orange pekoe結成20周年記念ベスト盤をアナログリイシューでリリース。

ナガシマトモコオンラインライブ&トークサロン『Wisdom Child Studio』を開設。

また、ソロ名義Tomoko Nagashimaとしてセルフプロデュースセカンドアルバム制作中。

Photo by Yasuma Miura 

​Hair & Makeup by Chihiro

Online Live&Talk

Salon

Wisdom Child Studio

いつでもどこでも つながる音楽、つながる心。

​ナガシマトモコのプライベートスタジオライブ&トークをダイレクトにお届け!

スタート記念特別月額700円キャンペーン中!

 
 
 
 
Booking & Message
 
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

Join the mailing list

© 2020 Tomoko Nagashima